上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
親父です。

アニメGIANT KILLINGが終わってしまいましたが、GIANT KILLING研究所は懲りずに続けていきますんで、今後ともよろしゅうお願いいたします。



前回の記事:
おまけ - Jリーグ 2009年度クラブ経営状況(1) J1編 はこちら
おまけ - Jリーグ 2009年度クラブ経営状況(2) J2編 はこちら


ってことで、一ヶ月以上大阪戦ネタになってしまいましたが、お約束通り(覚えていますか)、Jリーグ経営状況の最終回を記事らせてもらいますね。
最終回は移籍金償却と特別損失について、これは今年のジェフサポーターコミュニケーションデーに参加したときに話題があがった話なんで、ちょいと知ッたかさせてちょうだい。

費用の人件費に移籍金償却費ってあるけれど、これは何かと申しますと...

選手が移籍したときに移籍金が発生するよね。
例えば、ある選手がAチームからBチームに移籍し、BチームがAチームへ移籍金3,000万円を支払うとしよう。
そのとき、Bチームは費用として移籍金を計上するわけだけど、その年にいっぺんに計上しないんだ。
3年(と言ってたっけかな)にわけて移籍金を償却、つまり年間1,000万円ずつ3年間、給与とは別に移籍金償却費として費用に計上するんだって。

一般企業でも机とかPCなどを減価償却しているよね、あれと同じで、「長期間にわたって使用される固定資産(選手)の取得に要した支出(移籍金)を、その資産(選手)が使用できる期間にわたって費用配分する手続きである」ってことなんだけど、移籍してきた選手の使用期間を3年程度に考えているんだね。
ちなみにAチームは、収益として移籍金をいっぺんに計上するんだ。(前回、説明したけど、ジェフはここで儲けていたわけ。)

んで、その選手が仮に1年間でBチームを退団したとする。
そうすると2,000万円分の移籍金償却費が、費用に計上されず、残っているよね。
その償却残を(他チームは知らないけどジェフでは)、特別損失としてその年に一括計上するんだ。

特別損失とは「企業が事業を展開していく上で通常発生しないものの例外的に発生した損失のこと」なんだけど、退団はクラブからすると例外的なことなのかなぁ。

ジェフ損益表
科目2008年2009年
営業利益391-353
経常利益389-359
特別損失-400-279
当期純利益-11-638


ジェフでは、2009年には2億8,000万円、2008年には4億円の多額の特別損失を出しているけど、そのうちのいくらかは移籍金償却残ってわけ。
2008年にはクゼ監督、2009年にはミラー監督らを解雇したらかね。
成績があがらないから解雇するわけだけど、特別損失は起こすわ、新しい監督を探さないといけなわ、こんときの経営判断って難しいだろうね。
今年は絶対にそんなこと起こさないでくださいよ、ただでさえ、経営状況はよろしくないんだから。

ということで、3回にわたってJリーグの経営状況について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。


今日はここまで。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 漫画ブログ スポーツ漫画へ
ランキングはこちらをクリック!
スポンサーサイト
プロフィール
 

ごつう

Author:ごつう
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。