上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
親父です。

今回は GIANT KILLING の舞台にしている シーズンはいつ ってことに勝手に想像してみた。

GIANT KILLIN 1巻(コミック) の発売日は 2007年4月23日。
ドイツワールドカップ(2006年) の翌年である。
とすると、普通に考えれば 2007年だと思うが、本当だろうか

Jリーグはは大会ごとに公式試合球を決めている。
それでは、2006年からの試合球をみてみよう。(右側はボール名)

・2006年:チームガイスト


・2007年:チームガイスト(新色)

2006年ナビスコカップ決勝戦でも使われた。

・2008年:チームガイストII


・2009年:テラパス


・2010年:ジャブラニ

2010年ワールドカップで扱いにくいと言われたこのボール、Jリーグでは開幕当初からこのボールが使われていたため、日本は他国より有利だったかもしれない。

ふむふむ、
んで、GIANT KILLING 1巻 の表紙を見ると、やっぱり チームガイスト(新色) じゃない。
 ここ拡大!→

っていうことで、GIANT KILLING の舞台は 2007年シーズン ってことでよろしいでしょうか。

ちょっと気になるのは、アニメでは微妙にデザインが違うんだな。
こんな感じ。(歌の最後、1分26秒あたりを見てみて)



ちなみに、実際の Jリーグ 2007年の成績 は次の通り。
 リーグ戦(カッコ内は勝ち点)
  1 鹿島アントラーズ (72)
  2 浦和レッズ (70)
  3 ガンバ大阪 (67)
  4 清水エスパルス (61)
  5 川崎フロンターレ (54)
  6 アルビレックス新潟 (51)
  7 横浜F・マリノス (50)
  8 柏レイソル (50)
  9 ジュビロ磐田 (49)
 10 ヴィッセル神戸 (47)
 11 名古屋グランパスエイト (45)
 12 FC東京 (45)
 13 ジェフユナイテッド千葉 (42)
 14 大分トリニータ (41)
 15 大宮アルディージャ (35)
 16 サンフレッチェ広島 (32)
 17 ヴァンフォーレ甲府 (27)
 18 横浜FC (16)


 ナビスコカップ
 優勝  ガンバ大阪
 準優勝 川崎フロンターレ


 得点
  1 ジュニーニョ(川崎フロンターレ) 22得点
  2 バレー(ガンバ大阪) 20得点
  3 エジミウソン(アルビレックス新潟) 19得点
  4 ウェズレイ(サンフレッチェ広島) 17得点
  5 ワシントン(浦和レッズ) 16得点


最終節で 浦和 が 横浜FC に負け(0-1)、鹿島 が 清水 に勝って(3-0)、劇
的な逆転優勝

この年から鹿島の連覇が続いているわけなのね。

親父の応援している ジェフ2007年 は、阿部 の浦和移籍からはじまり、シーズンオフには 主力選手大量移籍、この年からチームがおかしくなりはじめたんだ。
あと、忘れちゃならないのは、イビチャ・オシム脳梗塞 で倒れたのもこの年。
いろんなことがあったのね。

まだ、GIANT KILLING はシーズン中だけど、さて、ETU は何位で終わるのだろうか。


今日はここまで。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 漫画ブログ スポーツ漫画へ

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kota29.blog133.fc2.com/tb.php/14-bb630c4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

ごつう

Author:ごつう
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。